正直私もセンスとか全然ないですけど3年ほどブログをやってきてブログを作るときに注意することをまとめてみました。
最近ブログを始めた方の参考になれば幸いです。




1.デザインを変更する際、いろいろなブラウザで試す


browser_logos-256


これは忘れがちですが非常に大事なこと。
ブログのテンプレートを変更する際、私はIE、Google Chrome、Firefoxの三種類のブラウザを使って確認していますが、IEとFirefoxで見え方が異なることが割と頻繁にあります。
ブラウザのバージョンによって見え方が異なることもあったりします。









2.Javascriptを用いるブログパーツをなるべく使わない。

javascriptのコピー

かくれオタのブログでは逆アクセスランキング、TOP絵のランダム表示、はてブボタン、
リツイートボタン、拍手ボタン、アクセス解析、Amazonリンク表示、などJavascriptを利用する
ブログパーツなどを複数使ってますがなるべく少なくした方がサイトの表示は軽くなります。
最小限に留めましょう。








3.長い記事を書く際は「追記」を使う。

この記事もそうですね。「続きを読む」を押すと続きが表示される記事の事です。
訪問者は興味のない記事は読みませんのでだらだらと長い記事を書くのは控えた方が良いです。













4.配色にこだわろう


071213-4


私もこの辺は良くわかってないのでえらそうなことは言えませんが、
極端に明るさの異なりすぎる色の組み合わせや、明らかに合わない組み合わせはやめた方が良いです。
参考リンクを置いておきます。

プロフェッショナルなWebデザインに見せるための配色を選ぶフレームワーク
同色系でまとまりのある配色、WebデザインにするためのTips
配色に自信がなくても!Webデザインが好きになる配色ツールと使い方
あなたのWEBデザイン配色センスを養う記事 20選+α










5.空白を作ろう

文字と文字、テーブルとテーブル、ブログパーツとブログパーツとの間には必ず改行を入れましょう。
改行ってすごく大事です。
芸能人のブログみたいに多すぎると読む気を失いますし、少なすぎると息が詰まってしまいます。
この記事も空白を意識して書いてます。











6.画像の横幅は出来る限り大きく、しかし容量は最小限に

wilber

記事に貼るときやTOP絵に画像を使うときもそうですがなるべく横幅の画像のサイズは大きくしましょう。
ただし小さい画像を無理やり拡大するのは逆効果です。これは画像を縮小する際の話です。

また、容量は出来る限り小さく。色の少ない画像はGIF形式で保存するといいでしょう。
JPEGの場合は画像が荒くなってしまうので保存する際にWindows標準のペイントを使ってはいけません。
JPEGの画質を調整できるソフトを使いましょう。
フリーだとGIMPがオススメです。







7.TOP絵をクリックするとトップページに戻るようにしておく。

これはデザインとはあまり関係ありませんが結構重要。
ためしにこのブログの一番上にある画像をクリックしてみてください。トップページに戻るでしょ?
このようにしておかないと、検索から来た人が興味を持ってくれて他の記事を見ようと思ったときに困惑してしまいます。TOP絵じゃなくてサイト名でもいいですからトップページに戻るリンクを目立つところに貼っておきましょう。







8.出来る限りサイト幅は1000pxに収まるようにする。

最近は横幅が長いサイトも増えてきています。
とはいえ、いまだに1024x768サイズの液晶で見ている人も多いのであらゆるサイズに対応する意味でも、
横幅は1000pxが無難。
widthに%を指定して可変で横幅を変えるようにしてもいいですが。

Web2.0ナビ: ウェブサイトの横幅が1000px時代に突入する
ページ全体の可変幅化









9.こだわらない場合、出来れば2カラムに


これは勝手な私の意見ですが、3カラムより2カラムのほうが良いと思います。
それもサイドバーは出来れば右に。


2カラム

これはなぜかというと、2カラムのほうが記事幅を多くとれ、さらにサイトを開くとき左から読み込みますので
サイドバーにブログパーツを貼って重くなっていても記事本文が先に読み込まれるので閲覧者がいらつきません。
私は左利きなので左にサイドバーがあるほうが好きですけどね。
記事本文を読むときに邪魔にならないしw
アフィリエイトをベタベタ貼って儲けたい人やブログパーツをいっぱい貼りたい人は3カラムのほうが良いかと思います。








10.コメントの設定で「http」を禁止ワードに設定する。

これも結構大事。禁止にしないとスパムがたくさん湧きます。
エロサイトや出会い系サイトの宣伝がたくさん書き込まれたコメント欄にコメントしようとは思いませんよね?よほどのことがない限り禁止にしといたほうが無難です。








さて、徒然なるままにメモ的感覚で書き綴ってきましたがいかがでしょうか?
「そんなん知ってるわ!」「俺のブログのほうが見やすいわ!」って方はここまで読まずにページを閉じているかと思いますがここまで読んで「なるほどな」と思うことが閲覧者様に一つでもあれば幸いです。