予想より大分時間がかかりましたがようやくTerraまでクリア。

Rewrite518


※※以下ネタバレあり※※

1ルートあたり5時間くらいでしょうか?
30時間くらい掛かってようやくクリアしました。
普段はあんまりギャルゲの感想なんて書かないんですが、3年ぶりのお祭りですし、
自分でもシナリオの一部でよくわからないところがあったので整理の意味で書いてみます。


攻略順は

ちはや→小鳥→静流→ルチア→朱音→Moon→Terra




ちはやルート
シナリオが一番自分好みだった。
咲夜、初めは「うぜえ」と思ってたけどかっこよかったですね。
生き方とか、裏にあるエピソードとか。
Moonで咲夜自身も言ってましたがすべてのルートで瑚太郎を助けてくれましたし。
「Fate」で言うところのアーチャー的なカッコよさがありました。
初めは主人公の未来の姿なのかな?とか思ってました。
流石に違いましたがw

主人公が大活躍で一番カッコよかったルートでもあります。
咲夜との修行で”最強”の能力者になった主人公。厨二街道まっしぐら!
他のルートでは微妙なぱにとぎるもこのルートでは大活躍でしたし、ちはやも可愛かった。

ちはやルートに入ってから静流と朱音以外のオカ研メンバーのその後が
見られなかったのは少々残念でしたけど。





小鳥ルート
一応メインヒロイン?なはずなのに一番シナリオが地味でした。
主人公の能力の謎とか”鍵”とのつながりとか、”井上さん”失踪の謎とかが明らかになったのは
良かったです。小鳥の両親の正体と、ちびもすの最期も泣けました。

でも、何か物足りないんだよなぁ。

初めにちはやルートやっちゃったからかしたないですけど、小鳥ルートは他のキャラクターがほとんど登場しないんですよね。
まぁ小鳥はガイアにもガーディアンにも属さないので仕方ありませんけど。

Terraまでやって小鳥の「湖太郎君はこんなに優しくなかった!」のセリフの意味が分かった。
確かに小学生相手にあれは怖いわな;





静流ルート
個人的に二番目に好きなルート。
静流がさんまに執着する理由が明らかに(笑)
ちはやルートでは西九条うぜーと思ってましたが味方に回ると頼もしいですね。
両親が救われないのは意外でしたが・・・。
なんとなくですが、静流はどのルートでも瑚太郎に好意もってた気がします。
ちはやルートでも「好きだったのに・・・」と言ってましたし。いい娘だ。




ルチアルート
プレイしてすぐ思いました。「ああ、これ書いてるの竜騎士07さんだ」ってw
オカルト的な描写は流石だと思ったけど何分ルチアがウザすぎる。
何か回りくどいんですよね。
性格的にも暴力キャラはどうも好きになれない。
デレるのが遅すぎました。




朱音ルート
全てのルートの中で一番エロイ事出来た期間が長いであろう朱音さん。
18禁じゃなかったのが悔やまれますね。
あれはぜったいヤってるw

しまこはもっと重要な役割なのかと思ったらそうでもなかった。
エロイ事するならやっぱ朱音さんが一番魅力的ですね。






Moon
個別ルートでの記憶をすべてあわせもった別の世界線の瑚太郎が、オカ研を再結成して加島桜の従える
魔物たちに挑む。
この時月に住む篝は地球の破滅を回避するルートを発見。
一番わかりやすくて燃えたシナリオです。
ルチアが一番最初に死んだのが意外でしたが。
最期の最期で咲夜が登場したのもいいですね。

18禁だったらTerraで篝との生殖活動(ごほうび)見れたんだろうなぁww




Terra
ヒロインズが最後まで登場しなくて、いろいろと消化不良でした。
ラストもハッピーエンドといえばハッピーエンドですが、瑚太郎であって瑚太郎ではない存在ですし。
まぁラストの幸せそうな篝を見てすべてを許してしまいましたが(笑)

このルートで大方の謎は解消します。

・瑚太郎は実は20代後半で、高校生の頃家出してガーディアンに入る。
この時ロリ小鳥とロリ朱音と出会う。

・篝を森で見つけた時、
逃がしてあげる→Terraルート
捕まえる、近づく→個別ルート。ケガをして小鳥に直してもらう。瑚太郎数年間眠る。
へと分岐。「Memory」を見ればわかるように本当は小鳥と瑚太郎の間に10歳ぐらい年齢差あり。

・瑚太郎が高校生の頃に助けた塾帰りの小学生が吉野→瑚太郎をリスペクト

最期まで江坂さんの能力は分からなかったな。



時系列がよくわからなかったので2ちゃんねるを見ていると

433 名前:名無しさんだよもん[sage] 投稿日:2011/07/09(土) 06:35:18.75 ID:WnKT5H1c0
やっと終わったんだけど、分からないところあったから教えてくれ

1,普通の個別ルートは篝が見ていた図の地球破滅ルートの1つのルート。
2,(Moonルート)全ての可能性のルートを体験した記憶がある瑚太郎月へ
3,繋がりが深かった仲間5人を月に呼び出して援護、月の篝が破滅回避ルート見つける
4,(Terraルート)地球がそのルートを再現
5,選択肢で1つしか選べないのは、いくつもの可能性からその行動の組合せ
を選んでいった時のみ奇跡的に破滅を回避できるという演出?
6,Terraルートで成長したヒロインズが使い魔として、たまたま咲夜化した虎太郎召喚。終わり

であってる?要するに破滅回避は
救済で人口削減→瑚太郎が途中で止める&咲夜化→ヒロインズが召喚→後にその力で宇宙へ移民
ってルートだったってことでおk?
結局地球を救うというよりは、地球少し保たせて人類を救うになってしまってる気がするけど。
ただ2で、何で瑚太郎なのか、何で記憶あるのか、何で仲間を月に呼び出せたのかが分からん。
Moonで説明したたような気がするけど忘れた



434 名前:名無しさんだよもん[sage] 投稿日:2011/07/09(土) 06:38:37.24 ID:SPTBFPU/0
>>433
大体あってると思うよ
コタローが”選ばれた”のは鍵の発芽時に一番近くにいたことと、
それ以降の人生も調整次第で様々な方向から鍵に関われるからじゃね


これを見て大方理解しました。1回プレイしただけで理解するの難しい;;





総括
大筋は楽しめましたし、満足しましたがヒロインの扱いが不満。
パッケージ見る限り小鳥がメインヒロインのはずなのに扱いが他のヒロインと大して変わらないのが不満でした。
初めは「シュタインズ・ゲート」で岡部が助手を助けるように、
「まどか☆マギカ」でほむらがまどかを救うように、主人公が小鳥を救う物語なのかなと思ってました。
でも発売日を一度延期した時にシナリオを一部リライト(書き換え)たんじゃないかなと思いました。
環境保護の事とか妙に協調してましたしw

ギャルゲという括りで見れば満足です。しかし、「Key」作品という括りで見ると・・・
麻枝さんがシナリオを担当していない時点で今までのKey作品と比べるべきではないのかも知れませんが、
やはり全体を通してみるといままでのKey作品と比べるとシナリオが物足りないように感じました。
個別ルートとTerraルートの繋がりとかアウロラがどうのこうのとか、頭のいい人は一発で理解できるのかもしれませんが私は2ちゃんねるの考察スレ見るまでよくわからない点がありましたし(笑)
「リトバス」の「リフレイン」ぐらいわかりやすいと良かったのですが。
今までのKeyのゲームと違って、話の規模がデカイなぁ、ちょっと分かりずらいなぁというのが本音でした。
次のKey作品ではもっとわかりやすい作品がいいなぁ