「ジョジョ」シリーズは1部~6部までは「ジョスター家のルーツ」としてコミックスの冒頭に
相関図が掲載されていたのですが「ジョジョリオン」3巻で家系図が登場したこともあり、
今回は1部~8部までのジョースター家のルーツをまとめた相関図を作ってみました。

アニメしか見てない人、8部読んでない人には
壮絶なネタバレッとなりますので注意してみてください。






1~8部のジョースター家の相関図

jojo-soukanzu8bu

1~6部でプッチ神父が時を加速させるまでの世界を旧世界、一巡後を新世界としています。

※一巡後の世界の2011年にはジョリーンの生まれ変わりと見られるアイリンと承太郎の生まれかわりと見られる
”パパ”も実在していると見られます。(ストーンオーシャン17巻P256)
しかし「SBR」の世界と「ジョジョリオン」の世界は繋がっていますが、「ストーンオーシャン」の最後のシーンが
これらと同じ時間軸とは言えないしそうなるとジョジョリオンの家系図と矛盾しますので表からは外しています。



考察

一見似たような家系図に見えますがやはり一番大きな驚きは
「承太郎の代わりに吉良吉景がいる」
ことですね。しかも8部1話で死亡している。




次に8部主人公の
「東方定助はこの家系図のどこに入るのか」
ということ。
またジョセフの隠し子だとするとジョセフは2011年で87歳、定助は2011年で推定19歳なのでジョセフが68歳の時の子供という事になり流石に無理そうです。波紋使って若く見えるとかなら別ですが・・・


あとは
Dioとジョースター家との関わりが少ない。
しかし聖人の遺体と共に地下シェルターに封印されている可能性があるので復活する可能性は高そうです。



謎が分かって次第この表はもっと埋めていきたいと思います。